撫子
印籠?いえいえ、ライターケースです。
木地はズッシリと重みがあり、フォルム・色などが全て「大人〜」な雰囲気を漂わせています。
依頼主は男性。撫子が誕生花なんだそうです。
殿方が花柄の小物を身に付けているのって、色っぽくて素敵。
ついつい「この紋所がっ!」と言いたくなるカタチ。木地は玉簪や根付を作ってくれている職人さん作。
このようなシロモノは伊達や酔狂で持つ物。
使い易さとかはあまり重視せず、見た目重視で制作を依頼。
(でも作りはしっかりしてますヨ)
細かい切り貝を沢山使いました。
自然と花びらや葉が露で濡れている様に見えます。
八重の撫子。白漆に金と赤の貝を使って。
清楚な姿です。
ケースの正面から裏に伸びる撫子。
朱漆が紅木の木地に良く映えます。

裏側にも撫子を咲かせました。
う〜ん・・・渋い!でも派手!