蒲公英とヤモリ
同級生からの依頼です。彼女からは今回で3回目のへその緒入れの注文となります。
1個目は蛙。2個目は鯉。3個目がヤモリ。彼女が住む家にいる、愉快な同居人や植物が主人公の蒔絵を作ってきました。
今回意識したのは「風」
蒲公英が風に軽く揺らされて、綿毛を飛ばす様子を香合の中に描きたくて。
チョロッチョロロロン。ヤモリがご挨拶。
ヤモリは家を守る縁起の良い生き物とされています。
金の蒲公英と白い蒲公英は満開です。
花びらに立体感が出るよう一枚一枚描きわけて。
1つの香合の中で様々な表情の蒲公英が楽しめるよう花の表現方法を変えてあります。
これは抜いた貝で作った蒲公英の綿毛。
蒲公英が咲いているお庭ってなんだか素敵ですね。 裏側にはちっちゃい蜘蛛が。