春の野原 猫と
「文庫に四季の蒔絵をして下さい。その際、動物も忘れずに。」と依頼が来たのは2年前。
小さな物にしか蒔絵をしない私としては、横22センチ×縦34センチ×高12センチの文庫は未知の大きさ。「文庫」とゆう枠に囚われて最初は鳳凰や吉野山など王道な絵ばかり描いていました。何度描いてもスッキリしなくて
「伯兆らしさ」ってなんだろと随分悩みました。

春を思い出した時にフト浮かんだのが猫達のパトロール。
暖かい日差しに誘われ道路に田んぼに空き地に、猫達がウロウロ出てくると「春が来たんだー」と実感します。日当たりの良い場所を良く知っているのは草花と猫達ですしね。
散歩の途中に良く見かける野の花と猫の組み合わせが、何よりも私らしい春の風景でした。
一筋縄ではいかない顔つきのブチ猫クン。
猫には貝を使っていません。白漆を基本に呂色漆でブチを。
目は金粉。
花を見上げるのは白猫。良く見ると瞳は水色です。
尻尾をピーンと立てて得意顔。
太陽目指して勢い良く伸びるタンポポ。
力強く線をひいて。
ペンペン草。儚げな姿でお気に入りな春の花です。花は銀粉を使用。
流水に見えるのはぬかるんだ土のつもり。茶色に仕上げてあります。
春の花は沢山ありますが、楚々とした雰囲気の花を選びました。
ナデシコ・オオイヌノフグリ、シロツメクサ、ワスレナグサ・・・。
シロツメクサ。金粉だけで仕上げています。
葉は緑漆と貝を使用。
伯兆版「眠り猫」
春は眠くなるのが世の理。
この眠り猫は文庫本体に。蓋を閉めるとこんな感じです。
ちょっと暗い所の方が眠りやすいかと思いまして。
足跡を辿ると後姿の猫に行き当たります。
何を見てるのかな?
一匹だけですが蝶が飛んでます。
羽の先には雫型の抜き貝をあしらって。