孔雀
持ち込みで万年筆の依頼です。
依頼主の名前に「羽」の字が入っているので、それに因んだ蒔絵をして欲しいとの事。
そう言われて頭に浮かんだのが孔雀でした。
今回描いたのはただの孔雀ではなく、ギリシャ神話に出てくるゼウスの妻ヘラの聖鳥の孔雀。
神々しく美しく、女神に愛される孔雀を描いてみたいと思いました。


銀河を背に立つ孔雀の姿。
細い円柱に線を描くのって難しいです。
キャップには土星をあしらって。
クスッと笑える要素を入れてみました。

頭の飾り羽は依頼主の希望で王冠に変更。
金線と丸でシンプルに。
羽は紫・緑・水色の色漆を使用しています。
切ったアワビ貝を使ってます。
細い線で羽毛の柔らかさを表現。
ハート型の羽には呂色漆に割った貝を。
金・銀・丸い抜き貝で作った銀河。