丑三つ時 柳の下で
以前やった文庫「春の野原と猫」の続き、夏バージョンの文庫です。これから秋・冬と続きます。

日本の夏・・・・と考えて「怪談」とゆう文字が浮き上がってきました。
暑さを忘れる為に怖い話を聞きたくなるのは日本人ならではかな?イギリスでは怪談は冬する物らしいですし。

昔は今より「闇」がとても多く、人々はその闇を恐れその闇の中に蠢く気配をハッキリ感じ取っていたのではないでしょうか。
でもただ闇を忌み嫌うだけではなく、親しみや敬う心をもって生活していたのだと思います。
闇はお化け・幽霊・妖怪など色々に名前や姿を変えて、人々の生活に密着してきたんだろうなぁ・・・なんて電気が煌々とついた部屋で現代人は思うわけです。

依頼主さんからは「おどろおどろしい幽霊はNG」と言われていたので、陽気な妖怪達を登場させました。
柳の下で人間を驚かす準備をしているお化け達です。
提灯の妖怪。白漆でベローンと出した舌は朱漆。
口から吐き出した煙は女の幽霊になっていきます。
哀しそうに顔を隠してすすり泣く女の幽霊。二つの人魂を従えて。
心の中では「早く人間を驚かせたいわぁ」なんて思っているのかも。
天晴れ!!と扇子を振るのは徳利の妖怪。男らしく見えるように脛毛や腕毛を描いてみました。
歌舞伎役者のようにキリリッとした表情です。
神の使いの白狐。今日は浮かれて仲間と人間を驚かせる予定。
神様に知られたら大目玉??
知らないよ〜〜。
ガマガエルは緑漆で。
皮膚の凸凹の感じが出したくて、割り砕いた貝を使用。
細かく切った貝を使っていますキラキラ綺麗で付喪神には見えないかな(汗
提灯の口から出た煙です。
太めに線を描きいれて煙のモクモク感を出してみました。
見え難いですが、帯は黒地で黒の模様が入れてあります。
ちょっと粋に仕上げて。
蓋の脇にひっそりと居るのが目玉だけのお化け。 作っておいて何なんですが、凄く楽しそうな妖怪達ですよね。