花兎
保母さんだったお母さまに似合う「絵本の世界のような蒔絵を」とのご依頼。
還暦のお祝いだそうです。
そこで、物語が隠れているようなメルヘンチックなデザインを考えてみました。

お母さまは数えられないくらい子供達に絵本を読み聞かせてきたのでしょうね。

このブローチを見てどんなお話が生まれるのでしょうか?聞いてみたいです♪
光さす中に兎が一羽。
色とりどりの花に囲まれてニッコリ微笑んでいます。
花の中にずっと居たら兎の背中にも花が咲きました。

呂色漆に細かく切ったアワビ貝。
露にぬれたように艶やかです。
こちらは白漆を使った花。
白と言っても真っ白ではなくてアイボリーって言った方が正解かも。
銀のスズランも咲いて。
朱漆のほか、水色や緑色の漆も使っています。
首飾りをしてちょっと大人っぽい兎さん。
最初は銀で真珠のようにしようと思ったのですが、丸く抜いたアワビ貝を貼り付けました。