白狐と鬼火
ペンダントトップに神様の使いの白狐を蒔絵しました。鬼火も描いてありますが、恐ろしい感じは全然しません。私自身が怖がりなので、無意識に怖くない絵を描いてしまうのか・・な?
白狐を描くと決まった時に「合わせるモチーフに油揚げってどう?」と思いましたが、思っただけで却下。だって絵になりませんもんね(笑
明るい色の木肌と白漆が合いますね。
優しい色合いに仕上がりました。
柔らかくクロスされた前足。
白漆を金の線で括ってあるので上品な風合いになっています。
揺らめく鬼火。大小さまざま。
狐には貝を使わないので他のモチーフで華やかさを出しました。
朱漆に金粉をぼかしてあります。
貝は割り砕いた金色の貝。
こちらは四角に切った赤い貝。
同じ朱漆を使っても、上の乗せる貝の色や形で印象が変わります。