タマと毬
アメリカに永住するお友達へ。出産祝いと合わせて何か日本の手仕事の物を贈りたいとの注文です。
依頼主とお友達の好みを聞くと・・・・。
ムーミン(漫画)、クリムト、ネイティブアメリカン のキルト、写楽、花魁の衣装や装飾、高橋克彦の『京伝怪異 帖』、ハンサムケンヤの『蟲の溜息』のMV、バーナデッド・ワッツの絵本、尾形光琳、河井寛次郎、小野不由美の『十二国記』、河治和香さんの『国芳一門浮 世絵草紙』、マイセンの シノワズリデザイン

知らない物もあったので調べてみると、どうもが摩訶不思議風味がお好きな様で。
「宇宙は我が手の中に!」
今回の蒔絵、なんだかスケールが大きい話が浮かんできません?
今回の主役はお友達の猫のタマちゃん。
写真を見せてもらいましたがフワフワな毛の可愛い子でした。
手毬には朱・山吹・水色の三種類の花。華やかです。
チラッと見えているのはオタマジャクシ。
タマちゃんが食べたのかな?
水色の漆に丸い抜き貝の目。
雲から落ちてきた流れ星。
波からうまれた金と銀の千鳥。

庭でアライグマと遊んだあと、泥だらけの足跡が家の中に続いていたのが可愛くて・・・・と依頼主。