1:図案を描く
漆の色、貝の色を考えながら
2:元図を薄紙にうつし、その上を漆で細くなぞっていく 3:木地に転写
銀粉を蒔きつけ線を浮き上がらせる
4:螺鈿に使うアワビ貝を切る 5:ガラス板に貝を乗せ、細く細く切っていく
拡大
6:縦の線を切ったら、貝が弾けないように薄紙を乗せて横の線を切る 7:細かい正方形に切れた貝 8:漆で描く 9:漆で描いた上に金を蒔く 10:漆を塗った上に貝を1個1個置いていく
拡大 拡大 拡大
11:絵を描く感覚で貝を置く 12:貝を置いた花器 13:銀粉をたっぷり蒔きつける 14:白っぽくみえますが銀です
紐との変化を付ける為に
15:次は牡丹
花の中心から。漆を塗って金粉を蒔く
拡大 拡大
16:朱漆でぼかして 17:ここでも絵を描くように貝を置く 18:貝の置き方に変化を付ける 19:外側にたっぷり金粉を蒔いて 20:内側はササッと軽く蒔き止める
拡大 拡大
21:桜も朱漆でぼかして 22:貝を置く 23:金粉を蒔く
ぼかして蒔いた部分がわかるでしょうか?
24:他の花も描く 25:線は細く
でないと野暮ったくなります
拡大
26:牡丹の葉
呂色漆(黒)でぼかす
貝は青
27:金粉を蒔く 28:全体の形が見えてきました 29:枝は茶色
木蓮は銀
30:菊の花は紫の色漆で
拡大 拡大
31:数日間、良く乾かした後に貝の上から漆を塗りこんでいきます 32:朱漆の部分は朱漆を 33:紫漆の部分は紫漆を
34:この塗りこむ作業を二度繰り返して、貝と貝の間の凸凹を埋めていきます 35:塗りこんだ漆を良く乾かした後、炭で研いでいきます
拡大
36:隠れていた貝が出てきます 37:傷をつけないように慎重に研いでいきます 38:ある程度研いだ状態
炭で研ぐ事により金粉は輝きます
39:上の画像と見比べて下さい 40:薄く漆を摺り込ませ、さらに数日間乾かし仕上げ研ぎをします
拡大
41:葉脈などを描き込んで 42:切ったアワビ貝と描き込んだ牡丹の花びらのシベ 43:線を描き込む事で絵が締まります 44:角粉
鹿の角を粉にした物
これで金線に艶を出します
45:角粉と油を混ぜて
拡大
46:擦る 47:擦る 48:完成