文鳥と菜の花
文鳥って馴染みのある鳥だと思っていたのですが、今回改めてマジマジ観察。
曇りの無い真っ白い羽毛に赤いクチバシ、クリクリお目々。愛らしい姿にはそこはかとなく気品が・・・。
こんなに美しい鳥だったのか〜と目から鱗でした。
小さな香合に文鳥の姿をどう入れ込むか・・・。
木地を飛び出ていくような動きが欲しいなぁ〜と悩んで、出た案がコレ。
大きく翼を広げた文鳥。白漆に多めに金粉を蒔き付けてあります。
翼の先には小さく切ったアワビ貝を使用。

真っ赤な足も忘れちゃいけないチャームポイントです。
柔らかさを出したいので翼のアワビ貝は控えめ。
金粉で仕上げた物と抜き貝で仕上げた物の二種類の菜の花。
葉は緑漆に青い切り貝を使用。
翼から零れ落ちたような菜の花。
裏側には飛んでいく金の文鳥を。
下には忘れ物のように銀の羽が一枚描いてあります。