伊勢海老蒔絵椀


熱帯魚とお揃いの椀。姉が喜多方に旅行に行った時のお土産に蒔絵をしています。父一径作。

基本的に塗り師と蒔絵師は別モノです。人によっては土台の木地も自分で挽いて漆を塗って蒔絵もしますが、それは本当にまれ。
それに私は漆にかぶれる女・・・・。日々仕事をしていても漆が肌に着かないように気を付けてます。ちょっとでも触ると細かい水泡が沢山できて痒いのなんのって(涙)塗師にはなれない運命かなぁ。
でも姉が喜多方でお会いした塗師屋さんは長年塗師をやっていてもかぶれる体質だったそうです