枝垂桜
お母様から娘さんへ。お二人の懐かしい春の風景を針山に写しました。
「おじいさん桜」と呼ばれる枝垂桜がモデルです。
依頼者いわく「京都の平安神宮や丸山公園の桜とは違いかなり地味な枝垂桜」だったそうですが、ここでは金と貝を使いかなり豪華に咲き乱れました。
手のひらにスッポリ収まる丸みのある針山。ピンクッションを取るとお猪口にもなります。 大中小の桜が針山全面に。
上から下に。
大きい桜には切ったアワビ貝を使用。
殆どが赤の貝ですがアクセントに金の貝も使ってあります。
輝くアワビ貝。

枝垂桜は花が小さくて、儚げな印象が強いです。
それが少しでも表せたら・・・と思い、金粉だけの中くらいの大きさの桜が一番多いです。
抜き貝で作った桜の花は呂色漆を使ってあるので、全体の印象を引き締めています。