鶏頭
「燃えるような赤い鶏頭の花を蒔絵で」とのご注文です。
熱帯アジアが原産の鶏頭は日本には万葉時代 にすでに渡来していたそうで、かなりの”古株”さん。
花が鶏の鶏冠(とさか)状に見えるので この名前になったとの事ですが、英語でも「cocks-comb」(鶏のとさか)なので この花に対するイメージは世界共通なのかも。
黒の地に朱漆が良く映えます。
大きな鶏頭を1本。小さな鶏頭は三本いれました。
アクセントに金の鶏頭を一本。
花の先の方は四角に切った貝を置いて、花の下の方には雫型に抜いたアワビ貝を使用。
鶏頭の花の雰囲気出ているでしょうか?
金粉と朱漆のぼかしで作った鶏頭。
鶏頭の葉は結構枚数が多いのですが、ここではちょっと省略。
あくまでも花を目立たせたいので。
緑漆と金粉・梨地粉・金粉・・・・三種類の葉。