鳳凰蒔絵盆


父一径作。
迫力のある蒔絵です。羽の一枚一枚描きわけて貝が置いてあります。塗りの盆の上でそれは堂々としています。

父によく「日本画には日本画の崩しがある」と言われます。花、鳥、魚にしても蒔絵にする時の崩しかた(デザインに起こす)があります。
蒔絵は、あくまでも文様。絵画ではありません。それゆえの制約があります。
色も現在は豊富にありますが、実際仕事で使える色は数種類しかありません。
その中での配色、日本画風の崩し方など色々考えながらデザインを考えるのは大変ですがピッタリと土台の中に蒔絵が納まった時は気持ち良いものです。