メダカとシマミミズ
「ミミズの蒔絵をお願いできないでしょうか」と注文されたのは、手仕事と生き物をこよなく愛する妹さんをもつ、心優しきお姉さま。驚きました、ホント。
「みみず????!!!!」はてなマークとびっくりマークがいっぱい出ました。
でも、妹さまのブログを拝見して納得。
なるほどなるほど・・・・。
この図案は妹さんご自身のブログに載せてあった写真を見て、イメージがわきました。
キラキラ光る水面と泳ぐ小さなメダカ達。
小さな生き物に向ける優しい眼差しが感じられる写真がブログの中には沢山ありました。
それをちょっと香合に乗っけてみる。
切ったアワビ貝をギッチリつめて置いてあります。
赤・青・金のアワビ貝が分るでしょうか?
水草と光の中をスイスイ泳ぐ小さなメダカ。
裏側にミミズが一匹。
依頼者の妹さんは土壌に住む生き物の研究をされていらっしゃいます。
自宅でもミミズを飼育されていて、そのミミズ達は生ゴミを食べて分解する・・・とゆう立派なお仕事をされているのです!
シマミミズのちょっとピンクな体を表現する為、金粉と朱漆でぼかして。
パラパラ置いた貝はシットリしたシマミミズの肌を表している・・・かな?
縞もキッチリ描きました。