ねずみ
依頼者は落語好きな方
「ねずみ」とゆう噺が大好きなんだそうです。この蒔絵で描かれている鼠・虎・小川などは噺の中で重要な存在
虎屋という大きい旅籠を乗っ取られ、鼠屋という小さな宿屋を営んでいる亭主。かの有名な左甚五郎が木片で鼠を彫ってやり、それが動くと評判になって鼠屋はたちまち大きな旅籠に・・・・
甚五郎をライバル視する飯田丹下が彫った虎が虎屋の二階から鼠を睨みつけて・・・・ 睨まれて動けなくなる鼠
鼠の彫刻は答えます。「あれは虎だったのですか。てっきり猫だと思いました。」

思いきり猫っぽくして下さい!と依頼者の強い希望
香合の裏側は甚五郎が足を洗った小川。
小さな魚が泳いでいます