熱帯魚蒔絵椀


父一径作。

同じ魚でも私の金魚とは全然違うデザインです。
切った貝が本当のウロコのようにキラキラ光ります。この切った貝を置くのがウチの蒔絵の特徴です。そしてその貝を炭でスッペリと研ぐ技術が難しいんです。
この道に入ってもう10年以上になりますが研ぐ作業は難しい。傷を出した時はすごい衝撃!毛穴が全部ブワッと開いて嫌〜な汗が出てきます。
「逃げ出したい!」って思います。

ちょっと普段使うには緊張するお椀ですが、一度このお椀でお味噌汁を食べてみたいな(笑)