白熊とオーロラ
びっくりしました。「白熊の蒔絵をお願いします」と言われた時は。
依頼者は旦那様にプレゼントしたいとの事。その旦那様が故星野道夫氏のファンで、星野さんの愛した自然を蒔絵で表して欲しいとの依頼。
これは難しいぞ・・・・。
でも、依頼者のお話を聞いていく内に「パッ」とイメージが浮かびました!
オーロラの下・・・・白熊の親子・・・・空を飛んでいくワタリガラス・・・・。ドンドンとやりたい事が溢れてきます。

特注の場合、お客様の要望は突飛なモノが多いけれど、面白い蒔絵を作る鍵をいつも貰っている気がします。 オーロラの下の白熊達。
空にはオーロラとグングン飛んでいくワタリガラス
達が。
裏は星野氏がいなくなった部屋に置いてあったランタンを一つ。

この蒔絵をやる際に資料として依頼者から星野氏の載った雑誌をお借りしました。
その雑誌で見付けたのが、このランタン。
本来は外で使う物ですが、主亡き後は窓辺にポツンと・・・・。とても印象的でした。
思った以上に綺麗なオーロラを作る事が出来ました