玉虫螺鈿棗


父一径作

「玉虫厨子」とゆう物をご存知でしょうか?7世紀に作られた厨子には本物の玉虫(甲虫類の羽)が敷き詰められています。現在でもその羽の輝きをみる事ができるそうです。

この棗に使われている「玉虫」はあくまでも「貝」ですが、その色が昆虫の玉虫の羽の光に似ているのでそう呼んでいます。今でも虫の羽をお使いになっている蒔絵師さんがいらっしゃいます。

本物の玉虫が飛んでいるのを前に見た事がありますが、あまり格好の良い飛び方じゃなかったなぁ(笑)