釣花生
硯箱です。お客様自らが探してきた硯箱。とても綺麗な字を書かれる方。字の綺麗な人には憧れます。
この硯箱が届いた時に、江戸時代に生きた小川破笠の「釣花生意匠硯箱」をどうしても私の蒔絵でやりたくなりました。
豪華に、でも凛として、女性らしく華やかに・・・・・・。もうこの図でなくちゃ!!
天女の部屋に飾ってあるイメージで。天女の住む部屋だから花の咲く時期は関係ないだろうと勝手に解釈。
牡丹、木蓮、桜、菊、藤、蘭を咲かせました。
小川破笠の釣花生は陶片、貝、玉、堆朱が使われています。
私は金、と銀と螺鈿で表現。
花器を吊っている紐は一つ一つ描き分けて立体感をだしました。
ちょっと面倒(笑)でも大満足(笑)

花の香りに誘われて蝶が飛んできました。
実際は蜂が飛んでいましたが、女性の使う物なので蝶に変更。
花器は銀粉を使ってあります。