What
蒔絵って?
蒔絵は漆工芸の一つ。
漆で文様を描き、それが乾かない内に金銀などの金属の紛を付着させて文様を表した物の事。
紛を蒔きつけて文様を表すので「まきえ」と呼ばれています。

蒔絵屋ではその蒔絵の加飾法として「螺鈿らでん」を用います。
螺鈿とは薄くした貝殻を好みの形に切り、漆面や木地にはめ込んだり貼り付けたりする技法の事です。




「蒔絵」とゆう言葉が記録に出てくるのは平安時代初期。
竹取物語で使われている「蒔絵」という言葉が一番古いとされています。
平安時代の初め頃にはすでに行われていましたが、まだあまり一般化はしておらず、十世紀頃に盛んになって貴族制度の確立とともにその生活を飾って発達していったと考えられています。

そんな蒔絵も生活様式の変化などで衰退の一途をたどるにいたりましたが、はるか昔、華やかな平安絵巻の時代から伝えられてきた日本の伝統工芸です