吉野山蒔絵椀


父一径作。

京都吉野山の桜をお椀全面に蒔絵したこれまた豪華な作品です。
同じ桜でも抜いた貝で表した物、朱漆だけで表した物など様々な手法で桜を表現してあります。


父の作った棗は普段の生活でも使っていますが、さすがにお椀は使った事がありません。
いくらなんでも大根のお味噌汁とかこれで飲めませんよね。